軟水とは

軟水って何?

水には「硬水」と「軟水」があり、
カルシウムイオン・マグネシウムイオンなどの硬度成分が多く含まれる水を「硬水」、
反対に硬度成分の少ない水を「軟水」と言います。
軟水の国と言われている日本の水道水にも硬度成分は含まれています。
(特に関東地方は高めです)

お風呂上りにツルツル?ヌルヌル?

水の中に含まれる硬度成分(カルシウム・マグネシウムなど)を取り除くと軟水と言われ、人間の肌がツルツルと感じます。
軟水そのものがツルツルとかヌルヌルしているわけではありません。

なぜ軟水にしたか?

導入前は、水道水を使ったお風呂の釜には「カルシウム」が多く付き、掻き出す作業がとても大変でした。解消する手段はないか考えている時に、たまたま軟水の情報を知り、これだ!と思い導入しました。

軟水によるうれしい変化?

肌のうるおい、ハリ、キメのアップ

硬度の高い硬水だと、水あか・石けんカスができてしまい、お肌のカサカサやパサパサの髪、洗顔後のツッパリ、乾燥肌のかゆみ、手荒れ、赤ちゃんのあせもなどの原因となります。
しかし、硬度成分を限りなくゼロに近づけた「軟水」なら、石けんカスを残さずに肌・髪本体の美しさを引き出します。

皮膚バリヤ機能大幅改善

お肌のかゆみの原因のひとつと言われているのが皮膚乾燥。
乾燥肌の女性が軟水入浴を続けると、ほとんどの方の肌乾燥がなくなり、かゆみも収まるという結果が出ています。 軟水風呂では石けんカスが肌に残らないので、皮膚バリア機能が大幅に改善されるためと考えられています。

髪の毛サラサラ

髪のゴワゴワやキシキシの原因にもなる硬度成分。
この硬度成分をほとんど含まない「軟水」で洗うと、髪のツヤ感は驚くほどアップし、摩擦の少ないなめらかな洗い上がりになります。

お肌清潔 水虫もシャットアウト

水虫のかゆみやジュクジュクも「軟水」が効果的です。
石けんと軟水を組み合わせて洗うと、水虫菌を洗い流し、角質侵入もシャットアウトして水虫予防もバッチリです。

お客様からいただいた声

子どもがアトピーを患っていました。
知人から東北の温泉がアトピーに効くと聞いたのですが、遠くてとてもいけませんでした。
そのかわりとはいってはなんですが、同じ軟水を使っている友の湯さんのお風呂に入ったら、今までと全然違ったのでびっくりしました。
赤ちゃんの皮膚の赤みやアトピーが友の湯さんのお風呂に入った後に消えていたのには驚きました!
銭湯が好きで色々なお風呂に入っています。
他の軟水のお風呂屋さんも入りましたが、友の湯さんの軟水が濃い!
水道水を使った銭湯だと、水が当たる感じ(ギシギシ感)があるのですが、友の湯さんのお湯にはそれが無いです。

友の湯の軟水風呂でカラダに最適軟水効果を試してみてください!